キャバクラのボーイの大変な点

働いてみないとわからない、キャバクラのボーイの大変なところや苦労する点などがいくつかあります。

俺の経験上、この仕事を「経験ゼロで始めるとここに苦労するはず」と思う部分を紹介していきます。

キャバ嬢によっては扱いが冷たい

キャバクラ嬢はとても華やかで、近くで見ると本当にキラキラと輝いて見えます。ただし、性格もキラキラしているとは限りません。

彼女たちは、とても激しい競争を勝ち抜かなければならない状況の中で仕事をしています。性格は、かなり男性寄り。「トップになりたい!」、「売れてやろう!」、「見返してやろう!」という気持ちを持っている人が多いです。

そうしたキャストたちは、ボーイに対して冷たい態度をとったり、ときには怒ったりもしてきます。イライラしている時などは特にそういう場面に出くわしてしまうでしょう。

もちろんボーイはキャバ嬢に対して言い返すこともできませんし、ケンカすることもできません。特に何もしていないのに冷たい態度を取られることもあるわけですが、それにも耐えなければいけません。そもそもボーイを下に見ているキャバ嬢も少なくありませんからね。

精神的にキツく感じるかもしれませんけど、「機嫌が悪いのかな」程度に考えていれば大丈夫でしょう。

キャバ嬢の闇が垣間見える

繰り返しになるけど、お店でお客さんと接している時のキャバ嬢と、それ以外の場所でのキャバ嬢は、まるで別人です。

  • 裏ではボーイをこき使う
  • 控え室でお客さんの悪口を言う
  • お客さんと寝て指名を取っている子もいる
  • キャバ嬢同士の醜い派閥争いやケンカもある
  • 精神剤を飲んでいるキャバ嬢もいる

全てのキャバ嬢が当てはまるわけではないものの、どのお店にも闇や裏事情を抱えている女の子はいるものです。

そうしたキャバ嬢の闇や本当の姿を見てしまったときには、さすがにショックかもしれませんね。

それでもボーイはキャバ嬢をフォローしなければいけませんし、お店に出ているときには全力で支えなければいけません。

闇を抱えているキャバ嬢をお客さんに紹介したりおすすめするのはなかなか大変ではありますが、これも仕事と割り切るしかないでしょう。

仕事が出来ないうちはメンタルがすり減る

仕事に慣れてしまえば、ボーイはやりがいがあるし楽しいと思えるようにもなるはずです。しかし、それまではやはり大変に感じてしまうかもしれません。

大変なのは、特に精神面です。説明してきたように、キャバクラ嬢も人間ですから、実際に接してみると裏の顔もあるし、想像以上に態度なども冷たく感じるでしょう。

それに加えて、最初のうちは失敗もしてマネージャーや店長に怒られることも出てくるはず。やはりメンタルがすり減らされてしまうことは間違いありません。

それに耐えれば、必ず「この仕事を選んで良かった!」と思える日が来ますし、「続けて良かった!」と感じられるでしょう。

それまでは我慢ですね。成り上がりたいなら、ひたすら我慢するしかありません。