キャバ嬢の行動はボーイがしっかり管理するべき

キャバクラ店の人気や売り上げというのは、キャバクラ嬢次第のところがあります。人気キャバ嬢が在籍していれば、お店の売り上げも上がるわけです。しかし、やはりボーイの存在なしにキャバ嬢は輝けません。

世の中の表舞台で活躍する人の裏には、その人を支えている人が大勢いるように、キャバ嬢の輝きもボーイが引き出していると言ってもいいのです。

それが、キャバ嬢の行動をボーイがしっかりと管理しなければならない最大の理由です。

お客さんへの対応でマズイことがあれば指摘して直させたり、時にはメンタル的なケアもしつつ、女の子の体調などにも気を遣いながら、必要であれば優しい声をかけてキャバ嬢のやる気を起こさせる。

こうしたことがキャバ嬢の管理へとつながり、人気キャバ嬢へと育てていくことになるわけです。

ボーイがキャバ嬢を、そしてお店そのものを支えていると言っても過言ではありません。このことを強く意識して日々仕事をこなしていきましょう。

気をつけるべきポイント

では、どのような点に気をつけてキャバ嬢を管理していけばいいのか。ここではそれについて詳しく解説していきます。

ここで説明することができるかできないかで、ボーイとしての成長やステップアップにも大きな影響を与えると思っておいてください。

言葉の選び方に注意する

キャバクラ嬢と接する時に気をつけなければならないのが、言葉の選び方です。

ボーイは時にキャバ嬢にアドバイスを送ったり、場合によっては注意することもあるでしょう。ここで汚い言葉や上から目線の表現などを選んでしまうと、女の子は心を閉じてしまいます。

そのあとにいくら説得力のあることを言っても、相手には全く響きません。

「もっと営業をかけろ」ではなく、「営業と指名本数は比例するもんなんだよ、もし時間あったら短文でもいいからメール送ってみるといいよ」と言い回しを柔らかくする工夫も必要になってくるでしょう。

給料アップのために営業を頑張ってくれるかもしれません。

「シフト増やせない?」と聞くよりも、「君がいるとお店の雰囲気がいいからとても助かる。上がり時間は早くてもいいから、来週も暇があればお願いね」と伝えれば、出勤数を増やそうという気持ちになってくれるかもしれません。

言葉の選び方に注意すれば、キャバ嬢のやる気を引き出すことができるんです。ボーイにはこうしたスキルを身につけることが求められるんですよ。

愚痴には共感をしてあげる

共感すること、これもキャバクラ嬢のやる気をアップさせる重要なテクニックの一つですね。

キャバ嬢だって人間ですから、嫌なことがあれば愚痴りたくもなるでしょう。

その相手にボーイを選んだとなれば「なんとか私の気持ちを理解してもらいたい」という思いがとても強く、もっと言うと「この人ならわかってくれるはず」と考えて愚痴をこぼしている可能性が高いです。

それに対してボーイが否定的な反応をしたらどうでしょうか、キャバ嬢はさらに落ち込むしかありませんよね。

「あのお客さん嫌なんだけど」と言われた時に「しょうがないだろ、仕事なんだから。

ぐちぐち言わずに接客しろ」と言われるのと「ね、俺もあの客苦手。できるだけフォローするから、わがままなペットを相手にしてると思ってもうちょっとだけ頑張って」などと言われるのと、どちらがやる気になるでしょうか。

どのような内容の愚痴でも、まずは共感すること。それから対応策や解決策を伝えれば、キャバ嬢も安心して仕事を続けてくれるはずです。

言うべきことは飲み込まずに言う

言葉の選び方には注意したいところだし、愚痴にはまずは共感すべきだけど、だからと言って、言うべきことを言わないのは違います。

それではキャバクラ嬢が勘違いをしたままになってしまうかもしれませんし、間違った方向へいってしまうリスクも出てくるでしょう。

言わなければならないことは飲み込まないこと。しっかりと本人に伝えて、必要であれば改善させるなどして、できるだけ良い方向へと進むようにボーイがレールを敷き直してあげてください。

もし言うべきことを言わなければ、売り上げも低迷したままかもしれません。それではキャバ嬢の評価や給料も上がらず、お店にとっても損失です。

お客さんへの対応の仕方、見た目や振る舞いなどにこだわりを持つこと、営業や日々の努力に関すること、こうしたことはしっかりと伝えて、将来的にお店にとってもキャバ嬢にとっても良くなるようボーイが管理を徹底することが重要なのです。

伝え方には十分に注意しながら、しかし指摘するべきことはする。このバランスを上手に保つことができれば、一流のボーイとなることができますよ。

キャバ嬢に信頼されるボーイになれば昇進に繋がる

キャバクラ嬢を管理することが、なぜボーイにとって重要なのか、よく考えてみましょう。

ボーイの存在意義は、お店の売り上げを上げることです。そのためにはキャバ嬢にやる気を出してもらって、たくさんのお客さんからたくさんのお金を引き出してもらわないといけません。

もしお店の売り上げや利益が上がれば、「これは誰の功績だ?」と店長やオーナーは考えます。キャバ嬢が頑張ったのであれば、そのキャバ嬢を成長させたボーイにも注目が集まるわけです。

人気キャバ嬢から信頼されるボーイとなれば、昇進・昇格待った無し。役職をアップさせてさらにお店に貢献してくれれば、売り上げや利益を倍増させることも難しくないと、店長などが考えるのは当然ですよね。俺もそう考えます。

キャバ嬢を管理して成長させることが、ボーイ自身の成長や昇進、給与アップにもつながるんです。

そのためには、面倒な女の子であっても丁寧に寄り添って、まずは1人1人から信頼を得ることから始めないといけません。どの女の子が化けるかわかりませんからね。

「俺が人気者にしてやる!」くらいの気持ちで接すれば、必ず自分の将来にもつながりますよ。

まとめ

  • キャバクラのボーイの重要な仕事の一つは「キャバ嬢を管理すること」です
  • 言葉の選び方に注意してキャバ嬢と接することで信頼が得られやすくなります
  • 愚痴に対しては否定せず共感するのも重要なテクニックの一つ
  • 表現には注意しながらも、言うべきことはしっかりとキャバ嬢に伝えましょう
  • キャバ嬢に信頼されてお店の売り上げも上がれば、ボーイの昇進や給与アップにもつながります