キャバクラのボーイを上手に退職する辞め方

個人的には、キャバクラのボーイの仕事を始めたら、そのまま続けて欲しいと思ってるんですけど、個人個人の事情で辞めざるを得ないことも出てくるのかもしれません。

もしそんな時に、できるだけスムーズに辞めるための方法を解説していきます。

辞める決意が固まったら、ここで伝えるアドバイス通りに進めていきましょう。

辞める1ヶ月前には報告する

「明日、辞めます」と急に言いだすのはもちろんNGですよ。「来週、辞めさせてください」というのもナシ。

基本は辞める予定の日の1ヶ月前までに、店長やマネージャーに報告をすること。

お店の規模にもよりますけど、直接店長に言った方がいいですね。マネージャーの方が距離感が近いなら、まずはマネージャーに相談してからでもOKですが、それでも最低1ヶ月前までには自分の意思を伝えましょう。

お店側としては、スタッフが辞めたら新たな人を募集して働き始めてもらわなければいけません。急に辞められたらスタッフの数が足りなくなるわけで、次に働いてくれる人を見つけるのに時間もかかります。そのため、この1ヶ月前の報告は絶対に守ること。

いくら下っ端のボーイでも同じですよ。立場関係なく、必ず前もって伝えるようにしてください。

理由はきっちりと考えてから報告する

店長やマネージャーに辞めたい意思を伝える時には、必ず理由も考えておきましょう。

「どうして辞めたいんだ?」と必ず聞かれます。そんな時にモゴモゴと何も答えられなければ、辞めることを許してくれるはずもありません。

理由は事前に考えておきたいところだけど、どんな理由でもいいわけではありませんよ。

特に、「あの人が嫌いだから」、「客にまで下に見られるのが気に入らないから」、「この仕事に飽きたから」なんて理由は、たとえ本音でも言わないこと。こんな理由では怒られるだけです。

「やりたい仕事が見つかった」、「次の職場が見つかった」など前向きな理由なら、お店によっては辞めることを快く許してくれるでしょう。

あるいは、「家族の都合で引っ越さなければいけなくなった」、「家族にバレたからこれ以上は働けない」という理由は、少しネガティブではあるものの引き止めるのが難しいため、辞めることを許してくれる可能性が高まります。

理由を聞かれた時に答えられるようにしておくことと、突っ込まれた時にも問題なく言い返せるように、辞める理由は前もってしっかりと考えておきましょう。

退職が決まってからの給料は…期待するな!

1ヶ月前に退職したいことを伝えると、辞めるのは当然そこから1ヶ月後になるわけですが、その1ヶ月間の給料には期待しない方がいいですね。

つまり、受け取れない可能性があるということです。

これは法律上許されません。ただ、キャバクラのような夜のお店を、ごく一般の企業と同じと考えるのはナンセンス。

駄々をこねたり文句を言ったりするよりも、「これも一つの経験」と割り切って、タダ働きするつもりで1ヶ月間働くしかないと覚悟しておくことです。

最近は優しいお店が増えてきてるから、しっかりと最後まで働いた分を支払ってくれるお店も出てきてはいます。

ただ、支払ってもらえなかった時にガッカリするだけなので、「期待はするな」とだけ言っておきますね。

どうしても辞められない場合

いくら辞めたい意思を伝えても、継続して働けない理由を訴えても、「認めない」と言われるケースもあるかもしれません。

そのような場合には、「飛ぶ」という選択肢も考えざるを得なくなるでしょう。

「飛ぶ」というのは、連絡をせず無断で仕事を休み、そのまま辞めてしまうことですね。

この行為は、もちろんおすすめはしません。

俺も店長やってるけど、キャバ嬢はもちろん、ボーイにも飛ばれたら本当に困りますからね。人が急に減ると、とにかく大変なんですよ。

ただ、辞めたくてしょうがないけど店長が許してくれない場合には、まあしょうがないかなという感じです。

飛ぶデメリット

店長という立場からすれば、飛ばれるのは人手が足りなくなるという意味で、本当に困るから避けてもらいたいところです。

それとは別に、辞める側にも飛ぶことによるデメリットがあるんですよ。

そのことを知った上で最終的な決断を下すようにしてください。

次のお店を探しにくくなる

ボーイという仕事は続けたい、でも今のお店は辞めたい、というケースだと、飛んでしまったら次の職場を見つけるのが、そこそこ難しくなります。

特に、辞めたお店と同じエリアにあるキャバクラ店ではなかなか働くことができないでしょうね。

同じエリアの店舗というのは横のつながりがあって、お店同士の交流があることも少なくありません。店長同士が知り合いだとか、そもそも姉妹店であるとか、そのようなつながり方をしているケースもあります。

オープン10周年などのイベント時に花を贈ったり、パーティーに顔を出したりもしますから、同じエリアにある店舗は良い関係性を築いてることが多いんです。

辞めたお店の近くのキャバクラ店に応募したとして、もし採用されても、そのあとでバレる可能性はまあまあ高いでしょう。

バレたら問い詰められるし、働きにくくなることも当たり前ですよね。

家に押しかけられるケースもある

キャバクラ店で働く時には、必ずと言っていいほど身分証明書の提示を求められます。実際に面接の時に免許証などを見せた経験を持つボーイの男の子もいるのでは?

身分証明書の内容はしっかりと控えられてるし、住所や電話番号などもお店側は知っているので、もし飛んだとしてもお店のスタッフが家に押しかけてくる可能性はゼロとは言えません。実際にそういうケースはたくさんありますからね。

そもそも、「もしかしたらトラブルに巻き込まれたのかも」と思うでしょ、連絡なしに仕事に来なくなったら。

心配してくれた結果というケースも含めて、お店のスタッフが家に行くことはあるので、何の考えもなしに飛ぶのはやめておいた方がいいんです。

辞めることを伝えづらい人は

お店の雰囲気や怖い店長だったりで言い出しにくい人もいると思います。そこでオススメしたいのが退職代行サービスです。

退職代行を利用すれば面倒な手続きや人間関係に煩わされることなく辞めることができます。退職代行サービスの中でイチオシなのが「男の退職代行」です。

「もう明日から行きたくない」「誰にも会わずに辞めたい」と悩んでいる人に向けたサービスです。

飛ぶことのデメリットについてお話ししましたが、飛ぶことを考えているにこそ退職代行を利用してほしいです。

即日で辞めることができ、働いた給料もしっかりと受け取れるのでサービス料金以上の給料を受け取っていない人で飛ぶことを考えている人は利用する以外の選択肢はないと思います。

まとめ

  • キャバクラのボーイを辞めたくなったら、辞める前に「辞め方」を学んでおきましょう
  • 最低でも辞める日の1ヶ月前には店長やマネージャーに報告してください
  • あらかじめ辞める理由を考えておくことをおすすめします
  • 辞めることを伝えてから辞めるまでの給料は受け取れないと思っておきましょう
  • どうしても辞めることを受け入れてくれない場合には「飛ぶ」という方法もあります
  • 飛ぶと次に働くキャバクラ店を探すことが難しくなるでしょう
  • 飛んだ後に自宅にスタッフが押しかけてくることもあるかもしれません
  • 退職代行を利用する