キャバクラのボーイの身だしなみについて

キャバクラは、お客さんをいかにもてなすかが重要となる場所です。キャバ嬢は、そのおもてなしのためにキラキラした衣装を着るわけですね。

ボーイにも正装が求められます。では、ボーイの服装や髪型などの身だしなみについてどのような意識を持てばいいのかを解説していきましょう。

スーツは黒が基本

ほとんどのお店では、ボーイにスーツを着用させています。ボーイのことを“黒服”と表現することからもわかるように、ボーイの着るスーツは黒が基本です。

これは単純に目立たないためです。キャバクラ嬢が色とりどりの、時には白いドレスを着ているにもかかわらず、ボーイまでもがカラフルであったり白い服装をしていては意味がありませんよね。

ボーイはあくまでもキャバ嬢の引き立て役。黒いスーツを着用して、黒子に徹しなければいけません。

黒いスーツに合わせるのは白いシャツです。ネクタイも濃色のものが選ばれることが多いですが、これに関してはお店ごとに異なり、ネクタイだけは明るい色にして少しカジュアルさを演出している店舗もあります。

スーツを着用するとは言っても上はベストのみで接客したりなど、お店によって違いがありますね。コンセプトや雰囲気、客層に合わせて服装を決定している形になっています。

髪型・髪色について

髪型や髪色に関してですが、これもお店のコンセプトに合わせるのが基本的な考え方です。

もし具体的な指示がない場合には、色は黒か濃いめのブラウンで落ち着いたものにし、あまりにも長いヘアスタイルは避け、できるだけスッキリとした髪型にしておくと悪い印象を持たれずに済むでしょう。

これもやはりキャバ嬢よりも目立たないことを考えるべきですね。派手で奇抜な髪型をしていればお客さんの視線もボーイに向いてしまうので、それだけは避けなければいけません。

長髪でもしっかりと結んでいればOKというお店もあるので、もし髪型にこだわりがあるならお店に相談してみましょう。

ただ、おすすめは横や後ろをしっかりと刈り上げて、動いても乱れないようにワックスなどで固めたヘアスタイルです。目立たず清潔感も与えられますから、そうした髪型を意識してください。

靴は革靴で

キャバクラの雰囲気、そしてスーツに合う靴を履かなければいけないわけですから、当然足元は革靴しかありませんよね。

髪の毛の色と同じく、黒、もしくは濃いめのブラウンの革靴を選択すること。

大事なのは、清潔感のある地味さです。シックで大人の雰囲気を意識し、決して足元で遊ぼうなどと考えてはダメ。キャバクラの主役は女性でありお客さんなわけですから、ボーイは足元にも気を遣いながら、できる限りその存在を消さなければいけないんです。

汚れやシワのひどいもの、破れなどは逆に目立ってしまうので、これも避けること。

靴は常に磨き、お店の品質を下げないように努力することも求められるのです。