Unlight:SchizoChronicle Unlight:SchizoChronicle

appstore

appstore

googleplay googleplay

story

story

※ブラウザ版アンライトの内容を掲載しております。アプリ版とは内容に差異がある場合がございます。

3396年 「ドッグ・イート・ドッグ」


アイザックは座った男の頭を撃ち抜いた。
後頭部へ抜けた弾は血潮をはじけさせ、その血は赤い霧となって部屋を漂った。
アイザックの銃を抜く挙動は、男と向かい合っていたエヴァリストも気付けないほど素早かった。机を挟んで対面して座っていた男は、シドール将軍からの使者だと言っていた。
夜も遅かったが急な話だと言い、軍属であることは確かだったので、話を聞くために部屋に招き入れた。
「こいつ、やる気だった」アイザックは呟きながら男を椅子から降ろした。
身体に巻きつけられた高性能爆薬を、上着をはだけさせて見つけ出した。部屋ごと吹き飛ばすに十分な量だった。
アイザックは男から爆薬を引き剥がすと雷管を抜き、無造作に机の脇に置いた。
「いつ気付いた?」
椅子に座ったままのエヴァリストが聞く。死体と爆薬の前だが、落ちついた口調だった。
「匂いさ。その合成爆薬の匂いは独特だからな」
エヴァリストは座に浅く座り直し、机に置かれた爆薬を手にとって眺めた。
アイザックはこの暗殺者の懐中を探っている。
将官が多く住むこの地域で爆弾騒ぎとなれば、暗殺者側にもかなりのリスクがある。
「物騒な話だ」
「まったくだ。心当たりは?」
「さあな」
軽い冗談でも言っているかのような調子で答えた。エヴァリストはアイザックと二人だけの時は、普段の態度よりもずっとくだけていた。
「ありすぎて困るってのも考えモノだ」
男を物色しながらアイザックも言った。
いずれこうなることは、アイザックには前からわかっていた。帝國内での闘争はエスカレートしていた。その一端を担っているのが自分達だからだ。
今の帝國内部は、軍閥であるシドール将軍を中心とした拡大派と、帝國軍政治局のカンドゥン長官と有力政治家達で作られる統制派に分裂していた。
際限なく戦火を拡大させる将軍の拡大派に対し、ルビオナとの和睦も含め、国内の安定を第一に考えるという統制派の二派の対立だった。しかし、表向きの対立軸はそうであっても、統制派の大部分は「薄暮の時代」に権力を持っていた政治家達であり、戦時が続くことによって拡大した軍閥側との、純粋な権力闘争に過ぎなかった。
そんな対立軸の中、エヴァリストはシドール将軍一派の若い将校として台頭していた。狂的に拡大の情熱に取り憑かれた老将軍、それを陰で支える若く冷徹なエヴァリスト、というのは、拡大派の両輪として機能していた。
その両輪の邪魔になるものを影で排除してきたのがアイザックだった。
まず統制派の政治家の内、幾人かが突然失踪した。あらゆる手を使って証拠を残さずに始末したのだった。この事実に統制派は恐怖し、萎縮した。
閉じた世界に長く暮らしていた政治家達は、ここに至って初めて、拡大と闘争の時代が来ていることを知った。エヴァリスト達は常に相手が行動を起こす前に痛撃を加え続けた。それは外敵に対しても、政敵達にあっても同じだった。
アイザックはこの汚れた仕事に対して何も感じていなかった。エヴァリストとアイザックの二人は、闘争の世界の只中にいることを自ら望んでいた。
特にアイザックはその場のスリルを徹底的に楽しんでいた。軍閥同士の戦いも、戦場で敵国の兵と戦うのも、どちらも「闘争」という点でアイザックには等しかった。
今や帝國でシドール将軍を筆頭とする拡大派は権勢を誇っていた。しかし、統制派も黙ってやられる訳にはいかないだろう、と感じていたのだった。
次の日、アイザックはエヴァリストを国境まで送り、彼を部隊に引き渡した後に館に戻った。殺した男の始末をつける必要があったからだ。警察機構の長は敵対する相手なので、信用する訳にはいかなかった。
下手な情報を渡すのは得策ではなかった。面倒な作業ではあるが、別に気にはならなかった。
館に戻りコートを置いたその時、爆発音と閃光に包まれた。
アイザックは自分を「切り換え」た。光と煙がゆっくりと自分の周りに生じた。
その空間の中、煙の向こうを観察しながら素早く正対して、アイザックは銃を抜いた。
煙の向こうから重武装の憲兵四人が次々と部屋の中に入ってくる。
アイザックは一度銃を降ろし、時間を通常の感覚に戻した。
サブマシンガンを構えたままの憲兵の後ろから、政治局の制服を着た男が出てきた。政治局員は皇帝への忠誠を守るという名目で、帝國軍内で大きな権力を持っていた。
「ロスバルド大尉、ご同行願いたい」
無表情に男は言った。さも当然といった様子だった。
「行く理由が無いね」
「バスルームの死体と爆薬の件です、大尉。同行いただかなければなりません。査問を受けてもらいます。反逆罪の疑いがあります」
アイザックは昨日の出来事が相手のシナリオの一部だと、すぐに理解した。
「拒否したら?」
「これは政治局の決定です。抵抗すれば、即それは皇帝陛下への反逆とみなされます」
「反逆か……。面白い」
アイザックは奇妙な笑みを浮かべて言った
「?」
意外な言葉に、無表情だった局員の顔にも一瞬困惑の表情が浮かんだ。
アイザックは世界を切り換えた。世界が一瞬暗くなったように感じたが、すぐに戻る。通常の兵には見えない世界へ突入した。
一瞬で間合いを詰め、政治局員の傍らに立ち、腕を掴んで捻りあげる。そしてその腕を力任せに引き抜いた。
生きたまま身体を引き裂かれた政治局員は、まるで人形のように力なく宙を舞った。その身体は武装した憲兵隊に叩きつけられた。
憲兵達の視界には、一瞬で身体を引き裂かれた政治局員しか写らなかった。予期せぬ出来事に彼らの知覚は凍っていた。速度と力は圧倒的だった。白刃が狭い空間に煌めくと、また血飛沫が舞った。
サブマシンガンを持った憲兵達の腕が次々と落ちる。まるで昆虫の四肢をもいで遊ぶ子供のように、わざと即死せぬように憲兵達を血祭りに上げていった。そしてその顔には、やはり笑みが浮かんでいた。
数分後、アイザックは血溜まりの中に立っていた。
血溜まりに沈む男達は全て息絶えていた。無惨な殺され方だった。
アイザックはバスルームに向かった。そして昨日の死体が収められたバスタブに腰掛け、丁寧にブーツの血を拭った。
そしてゆっくりと息を吸い、天を眺めた。
夜が来た。帝都に爆音が響いた。
エヴァリストの館は燃え、夜の帝都の天蓋を赤く照らした。公館の多い帝都中心部における爆発騒動を発端とした混乱は、夜半まで続いた。
しかし、翌日の新聞の見出しにはならなかった。なぜなら、カンドゥン長官が謎の死を遂げたことを告げるニュースが入ったからだった。
「―了―」

Unlight:SchizoChronicle

Unlight:SchizoChronicle

appstore

appstore

googleplay googleplay